銀行からお金を借りるためにクリアすべき審査について

銀行からお金を借りるためには、必ず審査を受け、審査をクリアしなければなりませんが、まず審査を受けるためには、申込み条件を満たしている必要があります。ここでは、銀行ローンのなかでも最も利用者が多いカードローンの申込み条件&カードローンの査定時に自宅に来るのか?について紹介します。
銀行やローンの種類によって申込み条件は異なりますが、
・満20歳以上65歳未満
・日本国内に居住していること
・原則、安定した収入があること
・銀行が指定する保証会社の保証を受けられる方
という条件が設けられていることが多いです。
審査内容&基準については、どこも公表していないので一概にいうことはできません。ですが、元銀行マンの話を聞いたところ、一般的には職業、勤務先、雇用形態、勤続年数、年収、健康保険の種類、年齢、居住形態・居住年数、家族構成、電話などの属性と金融トラブルの有無を基に審査が行われているそうです。
ただし、審査「基準」については銀行・カードローンごとに独自の基準を用いて行っているため複数の銀行カードローンに同時に申し込んだとしても審査をクリアできるか?またクリアできたとしても限度額(極度額)に違いがあったりするのも珍しくないそうです。このように列挙すると「曖昧すぎる」「実際のところどうなんだ」なんて声も聞こえてきそうですが……銀行・カードローンのホームページにお試し診断ツールを用意している銀行もあるので審査に通るか不安な方は、申込み前にお試し診断で可否の可能性を確認すると良いでしょう。

ローンカードとは

ローンカードとは、消費者記入以外の貸金業者が発行するローン専用のカードをいいますが、最近ではこの名称を銀行のカードローンと同じ呼び方をしているところもあります。
消費者以外といえばクレジット系カードローンになり、クレジット系はクレジットーカードを扱っている会社で親近感がありますが、銀行系より金利が少し高く、銀行に比べて多少審査が緩いイメージがあります。
クレジット系は、もともと通常のショッピング用のクレジットカードのサービスをしていましたが、カードローンでお金を借りたいという要望が高まり、ショッピング専用と違ったカードローンのサービスが始まるようになりまり、クレジットカードがメインの金融業者なので信販系カードローンと呼ばれるようになりました。
クレジット社のカードは、ショッピング用とカードローン用と分かれているものが多く、「ショッピングも可能です」と明記されているカード以外は、カードローン専用のカードでショッピングすることはできません。
信販系のカードローン金利は、たとえば50万円コースの場合15.6〜17.6%、100万円コースの場合は13.2〜14.4%というように消費者金融のような借入れ残高で金利が変わるのではなく、借入限度額の枠で利息の幅を変える会社もあります。
ローンカードの借入限度額は信販会社の審査によって決められますが、申込をするときに希望枠を多めに申請し、その枠で審査が通れば金利を低くできます。